CSR推進室からのメッセ−ジ 2019/04/12      INDEXへ国木建設のホ−ムペ-ジ 

 

卯月

 

4月(しがつ)はグレゴリオ暦の第4のに当たり、30日ある。

日本では、旧暦4月卯月(うづき)と呼び、現在では新暦4月の別名としても用いる。卯月の由来は、卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したものというのが定説となっている。しかし、卯月の由来は別にあって、卯月に咲く花だから卯の花と呼ぶのだとする説もある。「卯の花月」以外の説には、十二支の4番目がであることから「卯月」とする説や、の苗を植える月であるから「種月(うづき)」「植月(うゑつき)」「田植苗月(たうなへづき)」「苗植月(なへうゑづき)」であるとする説などがある。他に「夏初月(なつはづき)」の別名もある。

日本では、新年度または新学期の時期として有名であり、学校・官公庁・会社などでは当月に入社式入学式が行われ、前月の3月と同様に慌しくなる。世帯数や人口は少ないが、「卯月」という(名字)も存在する。4月は毎年7月と同じ曜日で始まり、閏年には1月とも同じとなる。

英語での月名、April はラテン語Aprilisウェヌス(相当するギリシャの女神アフロディーテエトルリアApru より)に捧げられた月。

 

異名

いんげつ(陰月)、うえつき(植月)、うづき(卯月)、うのはなづき(卯花月)、けんげつ(乾月)、けんしげつ(建巳月)、このはとりづき(木葉採月)、ちんげつ(鎮月)、なつはづき(夏初月)、ばくしゅう(麦秋)、はなのこりづき(花残月)、もうか(孟夏)

 

 

       (ISO関係):     ISO9001(2015)4月12日(金):定期監査終了:  

                 

                                            

                                  (資格試験):    

           

                                      

     朝礼   

リンク:    (但馬県民局へ)